オンラインストレージの安全性について

オンラインストレージは安全か

オンラインストレージは、写真を保存するだけでなく、友人などと共有できるサービスも利用できます。利便性が向上したことで、オンラインストレージを活用する人は増えています。オンラインストレージが広く使われるようなったことで懸念されるのは、安全性です。過去には、非公開であるはずのファイルが共有されたり、セキュリティ面で障害が発生したり、個人情報が流出する事故もありましたが、そのような事例を通して、安全性を加味して運用する動きが高まっています。オンラインストレージサービスを展開する企業では、通信を暗号化したり、ヒューマンエラーやサイバー攻撃などでサーバーが停止してもデータが守られるよう、定期的にバックアップするなどしています。

利用者自身ができるオンラインストレージの安全性を確保する方法

オンラインストレージの安全性は、サービス提供企業だけに依存するものではありません。利用する人自身の使い方によっても、安全性は左右されます。まず、オンラインストレージサービスを利用する前に、セキュリティ対策について比較検討し、高い安全性を期待できるサービスを利用することが大切です。比較検討したい項目の一例となるのが、SSL通信などの暗号化通信を採用しているか、サーバー側でウィルスチェックを行っているかなどです。災害対策をしているデータセンターを利用しているかどうかも確認できます。大切な思い出となる写真の場合は、なおさらです。認証制度が強化されているかどうかもチェックします。

利用者自身のヒューマンエラーも安全性が崩れる原因になります。パスワードを複雑なものにしたり、写真ファイルのアクセス権限を設定したら、それが適切かどうか、見返す習慣をつけたいものです。