写真やネガフィルムの保管に最適な場所

写真を保管するのに最適な場所

今は写真と言えばデジタルで撮ることが多く、保管する場合もデジタルデータとして保存している人が少なくありません。しかし、中には現像して写真として残したいという人もいるでしょう。 その場合に困るのが写真の保管場所ですが、何も考えずに押入れなどにしまい込んでしまうと写真はすぐに劣化してしまいます。写真が劣化してしまう一番の原因は紫外線であるため、日光の当たらない部屋の奥にある押入れというのは必ずしも間違いというわけではありません。ですが、押し入れの中は湿気が高いため何も対策をしないと空気中の水分によって写真が劣化してしまう可能性があるのです。そのため、押し入れで保管する場合には適度に空気の入れ替えを行うだけではなく、乾燥剤などを利用して湿気を防ぐことが大切です。

ネガフィルムを保管するのに最適な場所

大事にしまっておいたネガフィルムが、気が付いたら劣化していたという経験をしたことがある人も中にはいるでしょう。ネガフィルムが劣化してしまう主な原因は日光に含まれる紫外線であるため、窓から遠ざけた場所に保管するのが一般的です。しかし、長期保管する場合にはそれだけでは不十分であり、乾燥した冷暗所を保管場所として選ぶ必要があります。湿気があるとネガフィルムにカビが生えてしまうことがあります。また、テレビに近い場所に保管する場合にも注意が必要です。テレビからは微弱な紫外線が放出されているため、長期間保管しているとネガフィルムが劣化してしまう恐れがあるのです。窓から遠いというだけではなく、近くにテレビなど紫外線を放出する家電の無い冷暗所で保管するのが最適です。