アナログ写真をデジタル化する

ネガフィルムからデジタル画像データへの変換が可能

デジタルカメラが普及する以前、思い出の記憶を写真という形で残せる手段といえば、アナログカメラが主流でした。アナログカメラの場合、撮影した画像データをネガフィルムに残しつつ、近くの写真専門店にネガフィルムを持ち込み、紙の写真という形で、現像してもらう方法がメインです。しかし、写真撮影の技術が進化していった現在では、デジタルデータで残せる、デジタルカメラやスマホでの撮影が主流となる一方、アナログカメラでの撮影はほとんど行われなくなりました。

とはいえ、自宅にネガフィルムが残されていれば、スキャナー機能を備えたプリンターを使う形での、写真のデジタルデータ化が可能となります。スキャナー内臓のプリンターは、家電量販店で販売されているため、自宅で手軽に写真のデジタルデータ化が実現できます。

写真専門店やインターネットなら手間いらず

ただ、パソコン及びプリンターを使いこなせない人であっても、手持ちのネガフィルムをデジタルデータ化する方法が、複数存在します。近所にある写真専門店にネガフィルムを持ち込んだ場合は、指定された金額を支払って、写真を現像してもらえますが、希望すればデジタルデータ化も可能です。写真専門店ならではの技術により、高画質なデジタルデータを手に入れられる他、データCDといった形で保存してくれる点が、最大の特徴となります。

もし、ネガフィルムがかなりの数に及ぶ、もしくは近くに専門店がない等の理由で、店頭に持っていけないケースでも、インターネットを使う方法があります。全国展開の写真専門店が提供するサービスを選んだ場合、郵送でのやり取りがある以上、店頭よりも時間はかかるものの、高品質のデジタル画像データを手に入れられる点が特徴です。